河川の水が循環する仕組み - 水の循環

水の循環 > 河川の水が循環する仕組み

河川の水が循環する仕組み

河川には山や平地などに降った雨や雪解け水が流れていますが、そこから先はどこへいくのでしょうか?
河川の流れに終わりが無いのは、どのような仕組みなのでしょうか。

河川の水は、多くは海へと流れていきますが、一部はダムへ貯水されて浄水過程を経て塩素などで殺菌をし、安全な水として私たちの使う水道から出てきて利用されるようになります。
水道の水はありとあらゆる地球上で生きている者にとって命の源になるもので、生まれてから死ぬまでの一生関わりを持ち続けるものでもあります。
従って、長く飲み続けても体に害が無いように色々な成分の基準を設け、水質が認められた状態が水道の水です。

水道水はそのほとんどが最終的に地下深くに掘られている下水管を通って流れ出ていきます。
下水管を通った汚水は下水処理場へと流れて行き、綺麗な水へと処理されて、また河川や海に戻るのです。
そして、河川に戻った水はやはり、最終的に海へと流れていきます。

河川の最終地点は海ですが、ここから太陽の熱によって蒸発するのです。
蒸発した水は空中を舞い上がり、果てしなく上昇していきます。
大気中のチリなどを含みながらどんどん空中を上昇していき、やがて上空で冷却され水の粒となり、雲へと変化していきます。
雲になってからも成長は続き、次第に重量が増えて地上に雨や雪となって落下して、そのまま川へ流れていったり海の中へと降り注ぐのです。

大地に落ちた雨水は地中へと浸透していき、雪は雪解けの頃から同じように地中へ流れていきます。
地中へ浸み込んだ雨水は、それから何百年という長い年月を掛けて地層の中を少しずつ通っていきます。
それがやがて湧き水となって地中から出てきて、また河川へと流れていきます。
このような循環で河川の水はいつまでも流れ続けてるのです。

河川の水の循環は始まりも終わりもない、地球がある限りは永遠に続く循環という自然現象。
私たちもその循環の中で生活しているのだという事を忘れてはいけません。