水の循環で腐らない効果 - 水の循環

水の循環 > 水の循環で腐らない効果

水の循環で腐らない効果

水は腐らないと言われていますが、何かの容器に入れて放置してしまい、しばらくしてから匂いをかいでみると臭くなっていたという経験をしたことはありませんか?
時間が経過した水に色や匂いが付いてしまっている場合は、腐敗している状態であるという事が言えますが、何故腐るはずの無い水が腐ってしまうのでしょうか。
確かに水は、科学的な根拠からも腐る事が無い液体であるのは間違いありません。
しかし現実に水が腐る事が起こっている訳ですが、これはどうしてなのでしょう。

一般的に水が腐ってしまった状態というのは、既に水では無く全く違う性質のものに変化してしまっている状態であり、水以外の成分が混入し、それが細菌により侵されてしまっている状態なのです。
水以外の成分とは早い話が微生物であり、この微生物が少なければ少ないほど水は腐りやすくなります。
その微生物を人体に影響が出ないように殺菌している水が、私たちにとって一番身近な塩素(カルキ)を入れた水道水です。
従って、カルキ臭を嫌い浄水器を取り付けてカルキを除去してしまっている水は、すぐに飲まないと腐りやすい水であると言えます。

ではこの水を腐りづらくするにはどうしたら良いのでしょうか。
それには循環させることが効果的だと言われています。
海の水や川の水などは何故腐らないのかと言えば、常に循環しているからだと言えます。
循環させる事によって細菌の繁殖を抑える効果があるので、たとえ微生物が混入してしまったとしても腐りづらくなるのです。

それが証拠に、海や川の水をバケツなどに入れて置いておくと、すぐに臭い匂いがしてきたという経験があるのではないでしょうか。
そもそも海や川には微生物も多いので、循環を止める事で即座に腐った匂いがしても全く不思議では無いのです。

よって、水は循環させる事によって腐りづらくなると言う事が分かります。
但し、飲み水に関しては循環させておくのは難しいため、早めに飲み切る事をおすすめします。